セレソンdiary

通信商材を扱う商社で5年間勤めていました。その経験や知識をできるだけ発信し、その他にも自分の興味や日常何かを書いていくブログになります。

社内ニート

どうもセレソンと申します。

 

ネットサーフィンをしてたところ、社内ニートなる文言に目が止まりました。

社内ニート。。。なんか俺かも、てか今の俺だ。と思い

正直自分にマイナスになりそうなことは極力見ない性格なんですが、今回は興味があったので、どんなことなのか調べてみました。

 

f:id:heartscry_net:20181123210644j:plain

こんな社内ニートいたら皆の士気が上がりそう。

 

とりあえずGoogle先生で調べたらウィキペディアに載っていました。

 

ウィキペディアではわかりやすく仕事を与えられない窓際族。と書かれてましたが、色々調べてみたり、自分の経験からすると、与えられない以外にも、仕事をもらわない、そもそも人が足りていて暇な部署。外回りと嘘をついて遊んでいる営業マンこんなのも該当するのかと。

 

とにかく、会社には出勤するが時間を持て余し、仕事以外の作業で時間を潰すような人が社内ニートに該当します。

 

自分は日本人の7割は知っているだろう大企業に派遣社員として勤めてましたが、ある程度の経験者なら10分で終わる作業をベテランが20分〜30分かけてこなす人が多く、残業代を稼いだり、そのくせ仕事が多いと文句を言う人が多くて、正直こんな人も個人的には社内ニートに該当するのかな。ただこれは能力も関わってくるので、一概にこんなことをしている全ての人と言う訳ではないのですが、、、。

 

あと、仕事をとっとと終わらせて、自分の時間にあてている人、これも社内ニートにみられてしまうのか?確かに給料の範囲で仕事をしなくてはならないとは思うけど、無駄にデスクに居とかないといけないのは双方メリットがないので、こういった社内ニートにはとっとと帰宅してもらい、リフレッシュにあてるべきですよね。

まあ自分は拘束されているのが嫌で、前の会社を辞めて、仕事をすれば自分の時間を作れる環境に身を投じたのですが。

実際ここのブログや動画編集、株価の確認ですら会社のデスクでしています。

 

以前、時間は皆平等で増やせるものではないから大事に使わないといけないな、と書いていましたが、社内ニートの時にどれだけ自分のための努力や人脈作りをするかが大事なのかなと。どうせ居れば給料がもらえる環境なんであれば、思い切って自分のために有効に使うのがありかなと思いました。

 

どんな社内ニートタイプでも上手に活かして利益を生み出せる、そんな企業や人もきっといるはずだし、自分も経営に関わることもあるので、もっと詳しく勉強していこうかと。